バストアップの妨げになるもの

バストアップの妨げになるもの

MENU

妨げとなるもの

バストアップしたくても、阻害してしまうものがいくつかあります。
まずは「ダイエットと栄養不足」

 

女性の多くの人が美しくなるためにダイエットに挑戦します。
そのダイエット方法が間違っていると、当然バストの発育にも悪影響を及ぼします。
特に成長ホルモンが多く分泌される10代の頃から、食事を取らなかったり、偏った食べ物しか食べないダイエットは、バストに栄養が行き渡りませんので栄養バランスが取れた食事をしながらダイエットを行うことです。

 

その次に、「たばこ、カフェイン」
の嗜好品がバストアップの妨げにもなります。

 

たばこは、たばこに含まれるニコチンが女性ホルモンの分泌を妨げ、カフェインは脂肪を分解する作用があります。
脂肪と乳腺の促進によりバストが大きくなりますから、カフェインを過剰に摂取するとバストアップの妨げとなりますので、控えた方が良さそうです。

 

さらに、「冷え性」もバストアップの妨げに関係してきます。
近頃は冷え性に悩む女性が増えてきていますが、冷え性は血行を悪くして、バストに成長ホルモンがうまく行き届かなくなります。
その結果、バストアップが難しくなってきます。

 

冷え性をお持ちの方はバストアップと同時に冷え性改善をしていきましょう。