胸を大きくするための成長ホルモン

バストアップに必要不可欠な成長ホルモン

MENU

成長ホルモン

バストアップに成長ホルモンは大きく関わっています。

 

成長ホルモンは脳の視床下部にて作られており、血液に取り込まれて
やがて全身へと運ばれていきます。

 

成長ホルモンは、身体の脂肪代謝を改善したり、筋肉を作り出す役目以外に
バストの乳腺組織にも働きかけバストの成長を促す役目も担っています。

 

また、成長ホルモンは成長期だけではなく、成人してからも毎日の代謝に深く関わっています。

 

成長ホルモンには、身体の各組織の中にある「受容体」と呼ばれる組織に、影響を与え、
「ラクトゲン受容体」というがバストにあります。

 

ラクトゲン受容体とは、普通は十代から二十代終わりぐらいまで成熟するので、
成長期の終わった二十代の頃は、まだまだラクトゲン受容体が成熟していない事もあります。

 

十代前半に成長ホルモンが多く分泌されてバストが成長するはずなのですがバストが大きくならず成長が止まっているとなるとラクトゲン受容体も成熟していないと言うことになります。

 

また、成長ホルモンは夜の睡眠時間に分泌されますから、十代のうちから夜更かしなどをするとバストが成長しないことも起きます。

 

それでも、二十代以降でもラクトゲン受容体を成熟させるとは出来ますから、成長ホルモンの分泌を促すことで、まだまだバストアップは可能となるのです。