豊胸手術

バストアップのための豊胸手術

MENU

豊胸手術

豊胸手術は、従来は「生理食塩水」「シリコン」など人工的な物をメスを使って胸に入れる方法が主流となっていました。

 

最近は、最近は特殊な光(レーザー)をバストに当てる「光豊胸」が主流です。

 

バストに当てたその光によって、バストの脂肪部分が刺激を受け、バストが柔らかくなったり、または脂肪細胞が分裂することで、ある程度バストが膨らむ。というものです。
これは血行が良くなるので、成長ホルモンも血液に乗ってバストに行き渡り、バストの成長にも繋がります。

 

一番のメリットは、

 

メスをまったく使わないので、安全性が高い

 

と言われている点です。

 

実際は、レーザーの光ではなく、クリスタルやサファイアの鉱石を通した光で、正確にはレーザー光線に分類されるものではないようです。

 

これは新しい手法なので、事故などの事例はそれほど報告されていないようです。
しかし、それはこれまでの話で、これから先は不透明な部分もあります。

 

それでも現在の所は、光をバストに当てるだけという点で安全とされています。

 

デメリットをあげるとすれば、
この光豊胸に個人差があるようで、バストが膨らむ人と、膨らまない人がいるそうです。

 

価格も5回の施術で、平均して10~20万円程度なので、効果が出なかった場合はかなりの損失と言えそうです。