小さい胸でもふくよかな胸に見せるウェディングドレス

小さい胸の方のウェディングドレスの選びかた

MENU

ウェディングドレス

まず、全体のラインを見ると、ウェディングドレスには、

  • プリンセスライン

    胸元からウエストまでは体の線に沿っていて、ウエストからはボリュームのあるスカートが裾に向かってひろがっていく

  •  

  • Aライン

    胸元からウエストまではタイトに、ウエストから裾までは流れるように拡がっていく

  •  

  • マーメードライン

    胸元から膝までが体の線に沿っていて、膝から裾までが広がる人魚のような

  •  

  • スレンダーライン

    全体にスリムにまとめられている

  •  

  • アンピールライン

    全体的に緩やかで、ウエストを絞らない

  •  

  • ベルライン

    胸元からウエストまでは体に沿っていて、スカートの部分が釣鐘のように膨らんでいる

などがありますが、胸の小さい人には、プリンセスライン、Aライン、スレンダーラインが似合います。

 

次に胸元のラインですが、ボートネックやハイネックが小さい胸をカバーしてふくよかな胸に見せる効果があります。

 

特に、きれいな鎖骨を強調できるボートネックは、小さい胸の人にとても良く似合います。
上品なネックラインで、女性らしい美しさを強調できます。

 

また、ハイネックも、胸の形がきれいに見え、胸が小さい人が着ると、上品に着こなせます。
ハイネックの部分にレースやオーガンジーなどの透ける素材のものを使うと、胸元が窮屈な感じになるのを避けることができます。

 

また、ウエデイングベールの長さには、肩までのベールや腰の下までの長さのベール、足元まで届くベールなどの種類がありますので、選んだドレスの全体的なラインに合わせて、バランスの良いものを選ぶことが重要です。

 

ウェディングドレスは、何着も自分で納得がいくまで試着しましょう。
その際に、ドレスショップやドレスサロンにいて試着を手伝ってくれるスタッフのアドバイスをきくことも大事です。
胸の小ささを隠す着こなし術などを参考にするといいでしょう。