小さい胸でも服装で胸をふっくら見せます。

小さい胸をカバーする服装の着こなしかた

MENU

胸が小さい人の服装

まず、バストアップ効果のあるブラジャーをしましょう。

 

胸が小さいから必要ないと思っている人もいるようですが、胸は大きさより形が大事です。
小さくても、きれいな形を保つためには、自分に合ったブラジャーを着用する必要があります。
ブラジャーの選び方、付け方はこちら

 

次に服装です。
胸が小さい体型をカバーする為には、短めの為で、裾が広がったタイプのトップスに効果があります。身体にぴったりしたものではなくて、ギャザーやタックが入っていて少しゆとりの出るデザインは、バストにボリューム感が出るのです。

 

また、すっきりとしたボートネックもきれいなネックラインが出ます。
カウルネックでドレープがそれほど深くないものも似合います。
胸元にフリルのついたデザインのブラウスや切り替えのあるシャツも効果があります。

 

また、ストールやネックレスなどのアクセサリーで胸元を飾ると、視線が分散します。
ただし、重量感のあるアクセサリーは避け、明るい感じのアクセサリーを選びましょう。

 

短めのボレロを着たり、Tシャツの重ね着をしたりするのも効果的です。

 

そしてすっきりとしたタイトなラインの服装も似合います。
胸元が大きく開いた体型に沿ったラインのワンピースなどは、胸の大きい人が着ると、品の内雰囲気になってしまうことがありますが、胸の小さい人が着ると、適度にセクシーでありながらも、上品に着こなすことができます。

 

さらにウエストを絞ると、バストのボリュームがアップして見えます。
また、色は、暖色系や、パステル系の色を選ぶと、柔らかい印象になり、胸もふっくらと見えます。
生地は柄のある物や、凹凸のあるもの、ハリのある物などを選ぶと効果が上がります。

 

ニット系は体にぴったりするので、胸が小さいと避けがちですが、凹凸のある素材のニットであれば、きれいに着こなせます。

 

どんな服を着ても、適正なブラジャーを着用して、きれいな姿勢を保つことを常に意識していれば、小さい胸でも、コンプレックスを持つような外見にはなりません。