胸が小さくてもバランス良く服を着こなせます。

服の着こなしで小さい胸の悩みを解決

MENU

服の着こなし

胸に関する悩みを感じている人のうち、約半数の人が、胸が小さいことを悩んでいるそうです。
そして、胸が大きすぎて悩んでいる人も、胸に関する悩みを感じている人のうち1割以上いるそうです。

 

面白いのは、小さくて悩んでいる人も、大きくて悩んでいる人も、その理由の多くが、胸のせいで似合う洋服が無いので、ファッションを楽しめないという共通した内容なのです。

 

小さい人はその他に、ブラジャーを買う時に恥ずかしい、体型とのバランスが悪い、男性に好まれないなどの理由があり、大きい人は、ブラジャーを探すのが困難、太ってみられる、男性の視線が気になるなどの理由があるようです。

 

胸が小さい人は、大きい人も悩んでいるのだということを知り、胸の多きいい人は、小さい人も悩みがあるのだということを知ると、解決法が見えてきます。

 

小さくても、大きくても、似合う服がないと感じていたり、体型のバランスが悪い、太って見えるなどの体系全体に対するコンプレックスを感じていたりするということがわかるからです。

 

胸の大きさに関わらず、身体全体のバランスを考えて、ストレッチをしたり、補正用の下着を使用したりすることで、自分が着たいと思う服を着こなすことができるはずです。

 

上半身に膨張色を持ってくることや、ベルトを使ってウエストを引き締めたることで、胸をふくよかに見せたることができますし、胸元にアクセサリーやスカーフでアクセントをつけることで、胸の開いたデザインのものも着こなすことができます。

 

そして、小さい胸の悩みを解決するには補正ブラジャーや胸が小さくても、きれいに見えるブラジャーを選ぶことや、正しい装着法を守ることで、バランスの良い体系を作ることができます。

 

そして大事なのは、猫背にならず、美しい姿勢で常に行動することです。

 

自信が無いからといってつい前かがみになってしまうと、胸の血流が悪くなり胸が健全に発育しなくなってしまいます。
肩甲骨を下げ、背中を引きあげて、おへその下に力を入れて、正しい姿勢で行動することを心掛けましょう。