小さい胸の方の水着は色や生地でカバーします。

小さい胸をカバーする水着を着て魅力アップ!

MENU

水着を着るのが恥ずかしい!?

胸が小さい人の悩みの中で、多いのが水着を着るのが恥ずかしいという悩みです。

 

胸が小さいからといって消極的にならず、小さい胸を自然にカバーするタイプの水着を選んで、水着姿の自信を持ちましょう。

 

基本的に胸が小さい人は、ビキニが似合います。

 

三角ビキニも似合いますし、今年再流行の兆しのあるチューブトップタイプのバンドゥ水着も似合います。
バンドゥ水着は、横に広いので、胸を大きく見せる効果のあるボーダー柄がよく映えます。

 

三角水着も場合も、バンドゥ水着の場合も、隠す部分を少なくして、バスト、ウエスト、ヒップがはっきり分かれて見えるようなデザインが向いています。

 

そして、アンダーバストにワイヤーが入っているタイプを選ぶと、バストアップの効果があります。
リボンのついているタイプは、胸を寄せてあげる効果があります。
また、バストにパッドが入っているタイプもあります。
試着する際に、自然なふくらみに見えるようなパッドの入っている水着を選びましょう。

 

布地は、伸縮性のものを選ぶと、小さい胸が目立ってしまうので、伸縮性の少ない生地で生地自体に凹凸のあるタイプの布地を選びましょう。
ボーダー柄の布地も小さい胸が目立たなくなります。

 

水着のデザインはフリルやリボン結びなどの飾りがついているデザインがおすすめです。
色は、黒や紺色などの濃い色は避け、パステル調の柔らかい感じの色合いを選びましょう。

 

水着を着るのが恥ずかしいと感じていると、つい姿勢が悪くなってしまいがちですが、姿勢が悪くなると、身体全体の印象が貧弱になってしまい、胸の小ささより、そちらの悪印象の方が響いてしまいます。

 

胸が小さい人の水着姿はスポーティーな雰囲気で、魅力があります。
自分に似合う水着を見つけて、姿勢に気をつけていることが大事です。