小さい胸の悩みには避けたい解決方法があります。 その②

小さい胸を豊胸するのに避けたい方法 その②

MENU

避けたい方法②

ヒアルロン酸注入豊胸手術

ヒアルロン酸注入豊胸手術は、ヒアルロン酸を注入してバストを豊かにする豊胸術です。
ヒアルロン酸は、豊胸術の他にも美容には多く使われている成分ですし、人間の体内に存在する物質ですので、安心して気がるに受けられる豊胸術というイメージですが、ヒアルロン酸は、注入後、自然に体内に吸収されていきますので、効果の出ている期間が極めて短いという難点があります。

 

その為、ヒアルロン酸注入豊胸術で大きくしたバストを保持するためには、定期的にヒアルロン酸注入豊胸術を受け続けなくてはなりません。
それでも、ヒアルロン酸が、完全に体内に吸収されてしまえばよいのですが、それが滞った場合、しこりになってしまうことがあります。

 

また、ヒアルロン酸を注入する際に、注入の仕方が偏っていた場合にも、しこりになる恐れがあります。しこりができてしまうと、感触が悪くなるだけではなく、乳がんを発見しにくくなる恐れがあります

 

その他、ヒアルロン酸を注入する際に使用する注射器から細菌が侵入し、感染症をおこしてしまうこともあります

 

 

光豊胸

光豊胸は、近赤外線を照射することで、リンパや血液の循環を促す、女性ホルモンの分泌を促す、脂肪細胞を膨張させ増やすなどの作用をおこして、豊胸する方法ですが、効果期間が数日程度と非常に短く、通い続けないと効果を持続できないという難点があります

 

 

サプリメント イソフラボン

イソフラボンは、バストアップの効果が期待できる栄養素を言われていますが、過剰摂取をすることによって女性ホルモンのバランスが崩れ、生理不順になったり、子宮内膜増殖症を発症したりする恐れがあるのです。